少しずつ歯を動かすのが基本

診療室

京都で受けられるほとんどの矯正歯科治療は、並びが歪んでしまっている歯に少しずつ力をかけ、正常な状態に誘導するものです。歯並びの歪みは表に出ている分だけの問題ではなく、土台となるあごの骨から改善しなければなりません。歯は力をかけると非常に小さいレベルで移動し、できた隙間は骨の自己修復機能によって埋まります。その流れを根気よく続けることで、正しい並びにできるというわけです。矯正歯科治療の中には歯の表面を削って、正しい位置に来るように人工歯を取り付けるという方法もあります。しかし永久歯は一度削ってしまえば元に戻らないため、歯並び以外の異常がないのであれば、根元から移動させる方法を選択するのが一般的です。

スタンダードなワイヤーを使った治療

歯科矯正

最もスタンダートなタイプの矯正歯科治療は、歯の表側に銀色の器具を装着する形です。基本的に24時間常に装着し続けることで歯を移動させ、正常な並びへと誘導します。数ある矯正治療の中でも定番と言える方法なので、京都の矯正歯科でも受けられないということはまずないでしょう。そして他の種類はこのワイヤータイプから発展した形であるため、付加価値が付いて料金が高くなりがちです。したがって装着し続けていることが特に問題にならなければ、コスト削減に繋げられる可能性が高いです。もし銀色の部分が目立ってしまって気になるという場合は、歯に触れる部品やそれを繋ぎ合わせている針金の部分を白いものに変更する選択肢を用意しているところもあります。

目立ちにくいタイプの特徴

治療器具

矯正歯科治療は予算が用意できても、見た目が生活に影響するため中々実現できないという場合があります。特に身だしなみに気を遣わなければならない大人は、スタンダードなワイヤータイプでの治療ができないことが非常に多いです。そんな時は目立ちにくいタイプを選択するという方法があり、歯の裏側への装着あるいは透明なマウスピースの使用がその代表例です。歯の裏側に装着するものはそのまま、スタンダードなタイプと取り付ける場所が異なる程度の違いです。歯の表ではないため、大きく口を空けたり歯と歯の間が開き過ぎているような状態でない限り、気付かれる可能性は低いでしょう。そして透明なマウスピースは、コンピューターの計算によってあらかじめ数十個を作成しておき、それを歯並びの改善と共に付け替えていくという流れになります。透明で薄いため近くで見ないと気付きにくく、必要に応じて取り外せるのが強みです。これら目立ちにくい治療方法は取り扱っていない矯正歯科もあるため、京都で選ぶ際にはまずしっかり確認しましょう。

広告募集中